1. 桜歌詞

「桜」の歌詞 arp

2004/2/25 リリース
作詞
anzu Omiya
作曲
Takashi Hamada
文字サイズ
よみがな
hidden
わりつづけるまちなか
今年ことしもまたはるおとず
うつろう景色けしきなか
また 桜咲さくらさ

わりいく季節きせつ背中せなか
はじまった季節きせつ
ながあるいていくみちには
また さくら

一片いっぺんはなびらは まるで
出逢であいとおなじで
いて いずれっていくのに
またこうとする

さくらはなう、かぜに、う、ひらり
はじまるものすべわりがあることなど
っているのに
ひと幾度求いくどもとい また出逢であい はらり
何故同なぜおなじことばかりかえしていくのだろう

去年きょねんのわたしに
未来みらいのわたしにゆめ
過去かこ未来みらいつないで
また 桜咲さくらさ

どうしてひとわりを
はかなはなびらを
うつくしいとおもうんだろう
また さくら

一片いっぺんはなびらは どこか 生命いのちていて
っていくときには かならず ただ一枚いちまいだけ

さくらはなう、かぜに、う、ひらり
かえ季節きせつ出逢であいとわかれをまた かえして
っていくのはいたみと せつなさと はらり
そして最後さいごにはみな ひとりでることを

ちゅうっていく 花吹雪はなふぶき
ひと ひら ふた ひら
かぞれないほどのあめ
わたしはくして…

さくらはなう、かぜに、う、ひらりらら
ひとるそのたび 孤独こどくである自分じぶん
っていくけれど
だからひともとい また出逢であい はらり
孤独知こどくしほどにまた ひときになっている