「一冊のラブレター」の歌詞 azuma,初音ミク

2009/12/2 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
うすっぺらなかみみたい」
つたえた言葉ことば名前なまえけられた
くちから言葉ことば
ふわりちゅうい あてもなくとんだ

どこへかうんだろう
ひとたびかみヒコーキは
きみへのおもいなのに
おもさがないのなら それは無関心むかんしん

ひとつのおもいが一枚いちまいおもさなら
そうだこれをたばねておもいにしようか

きです」
あいしています」
むねくるしくてくほどに
この文字もじかさねてたばねて
ふうをした 一冊いっさつのラブレター

おもそうなかみたば
つたえたあのから何日経なんにちたったかな
ページをめくってみれば
ひとひとつはただの紙切かみき

んでいったページは
もうかぞえきれない
かさかさ
どんどんかるくなる
肝心かんじん言葉ことばちがいろ
もう一度いちど やりなおそう

きです」
あいしています」
もうかなくたってわかってる
今一度いまいちど 白紙はくしにしたら
ふうをして とどけるラブレター

ああ って
どうかいて
きみこえこえなくなる
となりいつくまで
ふうをする 一枚いちまいのラブレター