1. そのドレスちょっと待った歌詞

「そのドレスちょっと待った」の歌詞 back number

2010/6/2 リリース
作詞
清水依与吏
作曲
清水依与吏
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとづてにいたきみはなし いっしょうげるあいつけたって
「へぇそうなんだよかったねおしあわせに」
ことぎゃくちにぶんおどろいているよ

わかれてずいぶんつどころか ぼくなりにあたらしいしあわせをにしたつもりなのに

もしもあのときぼくつよがらずにでんをかけられてたら
そのかねらすきみのとなりには
「ドレスってるよ」とニヤニヤするぼくがいたのかもしれないね
きみいまどんなかおしてわらってるの?
どんなちで どんなあいと どんなことちかってるの?

がいとしっかりしたきみことだ ちゃんとなおひとつかまえたことだろう
んんどうでもいいとはいつつもになるような
ぼくいじゃないことだけいのっとこう

わかれたゆうしたのもぜんぶんなわけでありまして
わせるかおすらないのです

もしもあのときぼくゆうわくからいのちからがられば
そのかねらすきみのとなりには
しろふくはなしたばすぼくがいたのかもしれないね
きみわせればもんだいほかにももろもろあって
あのはただのきっかけだって
わかってるよ

きみぼくじんせいというみちがもうまじわらないことをおよろこもうげます

いまきょうかいのドアをあしけてきみつよにぎって
はしゆうなんてものはいよ
だからいたいことやまほどあるけどかたない キリがないし
こんなうたとモヤモヤしたちでもうわけないが
いわいのことえさせていただきます