「春を歌にして」の歌詞 back number

2009/2/18 リリース
作詞
清水依与吏
作曲
清水依与吏
文字サイズ
よみがな
hidden
並木道なみきみちのやわらかいかぜはあなたののひらみたいに
ぼく左頬ひだりほほやさしくでて あまにおのこしてえてゆく

さよなら 二人ふたりって
それで一体何いったいなにわったの?
このおもいとつたえたい言葉ことば
くしただけでしょう

はるおとにしたようなこえで もう一度僕いちどぼくぼく名前なまえ
ばれたらなにえないから
せめてかないようにしよう

つよくなりたいとねがたびにひどくむなしい気持きもちになる
つよくなれたってその姿すがた
せたいのはまだあなただから

そうだね きっと時間じかんながれが
すべてをあらながしてしまうね
ならそれまで大切たいせつっておこう
おもいも言葉ことばぬくもりも なみだ

わすれなければとおもうほどむねふかくにきざみこまれるのは
それだけおもいがつよいから そうゆうことにしておこう

えないとゆうことよりなによりも
かなしいのはきみぼくえなくても平気へいきってゆうこと

いまでもきみいたいけど
えない理由りゆう山積やまづみなだけじゃなくて
本当ほんとう大切たいせつにしなきゃいけないものに気付きづはじめたから
はるおとにしたようなこえで もう一度僕いちどぼくぼく名前なまえ
ばれたらなにえないから
せめてかないようにしよう

れていくよ
きみおも
このはるうたにして