「電車の窓から」の歌詞 映画 群青色の、とおり道 』劇中歌 back number

2011/10/26 リリース
作詞
清水依与吏
作曲
清水依与吏
文字サイズ
よみがな
hidden
まれてそだったまち景色けしき
まどそとうつしながら
銀色ぎんいろ電車でんしゃとおぎてく
ぼくせてとおぎてゆく

なんにもらずにただわらってた
あのころにはもどれないけど
もらった言葉ことば知恵ちえつないで
今日きょうもちゃんとわらえてるはず

電車でんしゃまどえたのは
あのぼくわらないまち
なぜだろうせつなくなるのは
なぜだろうなみだるのは

あの電車でんしゃながら
あこがゆめてたような
場所ばしょまでもうすぐなのに
なぜだろうなみだるのは

すべてを勇気ゆうきもないのに
ただ愚痴ぐちをこぼしてた
あのころから
しくてしくて
やっとにした切符きっぷだって
なんまよいも
ぼくにはないはずなのに

電車でんしゃまどえたのは
あのぼくわらないまち
なぜだろうせつなくなるのは
なぜだろうなみだるのは

あの電車でんしゃながら
あこがゆめてたような
場所ばしょまでもうすぐなのに
なぜだろうなみだるのは

なぜだろう
なみだるのは
なぜだろう