「空の瞳」の歌詞 bird

1999/10/6 リリース
作詞
bird
作曲
Shinichi Osawa
文字サイズ
よみがな
hidden
かくもとめて
旅立たびだたなければ
ならないのに
まよわせる気持きもちは彼女かのじょ
あいふだいま
かせようとする
がるこころはきっと
リミットの悪戯いたずらあそばれ
あらためて見渡みわたすのは
不安ふあんをかみつづける
うし姿すがた

かんじてたおとがいつか
えてしまうときをおそれず
えら彼女かのじょいま
よどんだガラスがかなしく
エールをおく

子供達こどもたちがはしゃぐ
やわらかなみず
あざやかなみどりと
たわむれてゆく
とりとめのないはなし
わらつかれて
夕陽ゆうひとさよならをして
ってる
てた気持きも
にがけむりつつまれて
なびくかぜのむこうに
渦巻うずまいてる
かぎりなく両手りょうてをひろげて
あいしたかたちは
ゆがませたくない
まもりたいいのりは
すでにとどかないから
そらひとみつぎなる
場所ばしょもとめて
なみだかみしめて
かくもとめて
旅立たびだたなければ
ならないのに
まよわせる気持きもちは彼女かのじょ
あいふだいま
かせようとする

三日月みかづき双子達ふたごたち
ともにまれてきた
わたしは
何気なにげなくからだにひび
かなしみのうたを ただ
うたつづける

あどけないおんな
わら姿すがたや あたたかさは
あたらないままで
おしえられた記憶きおく
現実げんじつざり
せてくるめまいが
ひどくいやで
てた気持きも
にがけむりつつまれて
なびくかぜのむこうに
渦巻うずまいてる
かぎりなく両手りょうてをひろげて
あいしたかたちは
ゆがませたくない
まもりたいいのりは
すでにとどかないから
そらひとみつぎ場所ばしょさが
かえるための
チケットはもうないけど
あいしたしるしは まだ
したくない
おとのない世界せかい
こころはげしくさけ
地図ちずしめされてない
場所ばしょもと
さまよってる

まもりたいいのりは
すでにとどかないから
そらひとみ
つぎなる場所ばしょもとめて
なみだかみしめて