「SOULS」の歌詞 bird

1999/3/20 リリース
作詞
Like Uncolored Velved
作曲
Like Uncolored Velved
文字サイズ
よみがな
hidden
太陽たいよう夕陽ゆうひのベールに
一度いちどだけ瞬間しゅんかんだけ
つつまれてゆく
魅惑みわく でもそのひとみ
かんじることをわすれた
笑顔えがおかんでく
太陽たいようらないまま
ほほに雨降あめふらすことを
はだか気持きもちで
かんれることを
たとえ世界せかい
うつらなくても
あつめたおと
あいのしずくたち
しずかにんで
あおのようにふか
鳥達とりたちだれ今日きょうあさ
ぶことが出来できるのかを
たがいにきそ
名誉めいよ今朝一番けさいちばん
とびっきりの歌声うたごえ
ともあさはじまる
それはあいだったり
やさしいかぜだったり
はだか気持きもちで
かんれるから
たとえ世界せかい
うつらなくても
あつめたおと
あいのしずくたち
しずかにんで
にふれるよりおもく
ほほえむみちびきの女神めがみ
あなたのおもたち
さしだす ともしびの指先ゆびさき
永遠とわやみからすくうよ
そらはじまりは
どこにかくれてるの
わたしくした
おな場所ばしょ

それはあいだったり
やさしいかぜだったり
はだか気持きもちで
かんれるから
たとえ世界せかい
うつらなくても
あつめたおと
あいのしずくたち
しずかにんで
にふれるよりおもく
ほほえむみちびきの女神めがみ
あなたのおもたち
さしだすともしびの指先ゆびさき
永遠とわやみからすくうよ
あつめたおと
あいのしずくたち
しずかにんで
にふれるよりおもく
ほほえむみちびきの女神めがみ
あなたのおもたち
さしだすともしびの指先ゆびさき
永遠とわやみからすくうよ