「右手」の歌詞 canna

2000/7/12 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくくるまには
きみだけをせたい。」
カーラジオから
心地ここちよいこいのリズム
きざむ鼓動こどう
体中からだじゅうにひびかせ
はるかとおくから
きみうばいにくよ
おぼえたてのうた
かせるために
くるまぶっばしたままで
きみいえまで
ひらいたドアのこうに
きみってる
うつむいていたきみ
右手みぎてして
きみ右手みぎて
してくるよ
ねむまち
前飛まえと
ハイウェイ
ともるハロゲンライト
うつきみのまぶたのなか
ぎるとき
むねきつけながら
ちいさなにぎりしめて
朝日あさひほう
きみから「き。」と
ってくれた
去年きょねんなつ
はずかしそうにわらって
右手みぎてして
ぼく右手みぎてとき
きゅうきみぼく
くちづけをして
二人気ふたりきがつけば
ふかねむるように・・・
けあうように・・・

たどりついたそこは
あまくちづけの場所ばしょ
見上みあげたそらは なぜか
あののままで
きみから「き。」と
ってくれた
去年きょねんなつ
はずかしそうにわらって
右手みぎてして
して
ひらいたドアのこうに
きみってる
うつむいていたきみ
右手みぎてして
きみ右手みぎて
してくるよ
してくるよ