「紙ひこうき」の歌詞 canna

2000/2/2 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あの校舎こうしゃしろかみひこうき
ただそらえがくだけ
おもめて

夕暮ゆうぐれまぢかきみといた教室きょうしつ
ふざけて黒板こくばん相合傘あいあいがさいて
とてもきなのにうまく言葉ことばにできない
静寂せいじゃくなか鼓動こどうだけがひび

きしむ廊下ろうかおと いつもあそんでたきみ
プールのにおいがはなにツンとのこってて
きみていたいよ ずっときみていたいよ

あのわずかな時間じかんいまにもはなよう
どんなかたちわっても大切たいせつにする

いつしかほしきみだけがそばにいて
すべりだいうえてんかわていたよ
今年ことしなつきみほしけたらな
一緒いっしょをつないでんでこうよ

目見めみつめかたばして
ゆっくりとやさしくくちびるくちびる
れててんまでのびる きみおもいきりきしめる

あのキスした時間じかんきみへのなつおも
そらくもってもぼくしあわせにする

あつ海辺うみべすな りつける太陽たいよう
雲間くもまからえる一筋ひとすじ光線こうせん
七色虹なないろにじのように うっすららし

あのキスした時間じかんきみへのなつおも
そらくもってもぼくしあわせにする