1. Roji歌詞

「Roji」の歌詞 cero

2015/5/27 リリース
作詞
高城晶平
作曲
高城晶平
文字サイズ
よみがな
hidden
友達ともだちってた できたてのドーナツを
ターンテーブルにっけて れようよ
けっぱなしたまどから つぎ季節きせつよるはいってくる
あたらしい日々ひびのはじまり かんじとっているはず
しめわせたかのように いつものみせ いつものかおぶれ
たのしいような退屈たいくつなようなかん

いなくなったやつ何人なんにんかいるけど
どっか他所よそわらずにいるだろうさ
「リアリティがない」だなんてだれかがったけど
現実げんじつはいつだって悲観ひかん楽観らっかんのあいだにあるはず

あたらしい日々ひびのはじまり かんじとっているはず
くるえるよるのはじまり したくなる どこかへ

今宵こよいすためには色々いろいろ要素ようそりてない
目下めした問題もんだいをクリアしないかぎり うみにも砂漠さばくにもけやしないだろうな
かぜってやって焚火たきびのフレイヴァーにフィードバックした記憶きおく
ハイになったのうみそがけてゆく

(ここでPhone call)

乱暴らんぼうった受話器じゅわきからこえた不気味ぶきみかぜおと
すぐ通話つうわ途絶とだえてすじもえたし
はなってたまどもそろそろぼちぼちいい加減かげんめようか…

あたらしい日々ひびのはじまり かんじとっているはず
どこかべつ世界せかいでの約束やくそく どうしてもおもせない