1. 地下室の花歌詞

「地下室の花」の歌詞 cinema staff

2015/4/22 リリース
作詞
三島想平
作曲
cinema staff
文字サイズ
よみがな
hidden
らない部屋へやのざわざわだ。
いまにもなんかきそうでぼくあたまはどうかなっちまう。
どくにもくすりにもならない新聞記事しんぶんきじみながら
自分じぶんばんるのをじっとっているのだった。

こんな地下室ちかしつはしにもちいさくはないていて
どれもおなじようにうえいていたんだ。

そのかかえた傷跡きずあと,すぐ瘡蓋かさぶたになって
がしてはめくり,またつないでいくのさ。
今小いまちいさな希望きぼうあつまってざって
づいたらきみはひろげてんでいた。

きたなかべ落書らくがきにみょう哲学てつがくかんじてぼくあたまわたっている。
らないやつわらってる新聞記事しんぶんきじやぶふくがった妄想もうそうたたけろ。

そのかかえた傷跡きずあと,すぐ瘡蓋かさぶたになって
がしてはめくり,またつないでいくのさ。
今小いまちいさな希望きぼうあつまってざって
づいたらきみはひろげてんでいた。

かさねたおもいは言霊ことだまになって
こわれてはなおしまたつないでいくのさ。
いまおおきな未来みらいあつまってざって
づいたらぼくは…。

らないことだらけでさ。でもふねめられない。
だからもう一度いちどだけさけぼう。いま世界せかいはじまる。