「もうひとつの未来」の歌詞 class

1993/11/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かぞえるほどしかはなしたこと
なかったきみ突然振とつぜんふ
別々べつべつぼくごしてきた
日々ひび街角まちかどかさなる

あいつの彼女かのじょきみ
なみだならってる
まわみちした二人ふたり
このよるまか

おどるようにキスをしよう
うたうようにつめて
ぎた季節きせつきみ
すべてきしめられる
昨日きのうよりすこはや
ステップであるそう
今胸いまむねおくでせつなさ
いたみはじめた

今腕いまうでのなかでねむっている
きみ吐息といき記憶きおくかす
つきらす誘惑ゆうわくわな
寝返ねがえりうつあまいうなじ

らないことならおたがいに
いくらでもあるけど
かれあっていたことに
正直しょうじきになれただけ

2人ふたりならばえてゆける
つみのこぬくもり
きみひとみなか未来みらい
かがやかせたい
明日あした朝目あさめめたら
始発電車しはつでんしゃろう
いまならきっと運命うんめい
しんじられるさ

おどるようにキスをしよう
うたうようにつめて
ぎた季節きせつきみ
すべてきしめられる
明日あした朝目あさめめたら
始発電車しはつでんしゃろう
いまならきっと運命うんめい
しんじられるさ