1. 夏にかかるWedding Song歌詞

「夏にかかるWedding Song」の歌詞 class

1995/5/22 リリース
作詞
松本一起
作曲
日浦孝則
文字サイズ
よみがな
hidden
素肌すはだをとかす
あつ西風にしかぜ
あらいざらしのシャツも
いでしまいたい
恋人こいびとたちをちかづける
Summer Time
もっと もっと
今年ことしはKissをしよう
二人ふたり水着みずぎ きそうのも
クーラーくのも
えるけれど
なつにかかる Wedding Song
太陽たいようのキャンドルとも
かれないで ころばないで
未来みらいのことを
かたかそう
なつのWedding Song
シャンパンのグラスのうみ
きみひとみ ぼくひとみ
かさねれば
素敵すてきかぜれる
出逢であったころ
きみはメルヘンで
えきのポスターだって
意識いしきしなかった
口紅くちべにだって
ゆめよりもえて
ほほのスリルなせん
とてもLady
二人ふたりは よくケンカをして
いつもきみから電話でんわくれた
なつにかかるWedding Song
約束やくそくをプレゼントする
ぼくでいいとおもまで
きみのハートを
いつまでも
なつのWedding Song
毎日まいにちしあわせになる
まちにいても うみにいても
きみだけと
むすんだかぜかれ

なつにかかるWedding Song
太陽たいようのキャンドルとも
かれないで ころばないで
未来みらいのことを
かたかそう
なつのWedding Song
シャンパンのグラスのうみ
きみひとみ ぼくひとみ
かさねれば
素敵すてきかぜれる