1. 桜歌詞

「桜」の歌詞 class

2009/4/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ときはただ なが
うつろうまちなが

いつのきみ
大人おとなになったね

ひとつだけ きみおしえておきたいんだ
だれにでも ると わかれの季節きせつ

こごえそうなふゆ
うだるようななつ

はなかせようと
精一杯せいいっぱい やってたよ だから

両手りょうて 一杯いっぱいきほこる さくら
ててしいんだ この指先ゆびさきまで

ゆめつか
あきらめたくなるけど

一人ひとりづつ みんな
時期ときちがうだけ

ひとつだけきみおしえておきたいんだ
だれにでもると かがや未来あした

ずぶぬれのあめ
ここちれも

今日きょうのためだけに
とおまわりなんかないよ だから

かぜいおどれ ちてゆく はなびら
ぼくを あでやかに せてくれるだろう?

つぎ季節きせつまで
すこえないね

かかえきれぬほど
はなきみせに またるよ

さくら ってゆく 夜風受よかぜうけひとひら
きっと のこるだろう 水面みなもにまぶたに