1. 0→∞への跳動(from 初音ミクの消失 小説版)歌詞

「0→∞への跳動(from 初音ミクの消失 小説版)」の歌詞 cosMo@暴走P,初音ミク

2009/6/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
深海しんかいのように くらくてしずかで 稚拙ちせつこころ思考しこうするのをゆるさず
感情かんじょう気泡あわあらわれてはえゆく どれをひろし「ボク」とすればいいの?

孤独こどく意味いみなにからない 一人ひとりうずくまるしろいボクに
はじめてひかりひかりただの「意志いし」を完全かんぜんな「人格じんかく」へえる

0ゼロからまれ えいえんいたみちびいてくれたのは きみだった
漠然ばくぜんまれぬだけだったボクに 誕生たんじょう祝福しゅくふくする音楽おんがく

無限むげん可能性かのうせいまといま ひび

あらゆる結末けつまつすべての原点げんてん 可能性かのうせいという並行世界へいこうせかい
1ひとえらんでは1ひとえてゆく 泡沫うたかたのような未来みらい結晶けっしょう

景色けしきようや理解りかいかって 混沌こんとんがすこしれて五感ごかんとか
スペック限界げんかいおおよそ接触せっしょく かずらしてくその選択肢せんたくし

無機質むきしつ部屋へやはじまりをつげる これからおこなうすべての歌唱かしょう
目的存在皆無もくてきそんざいかいむひとしい 思考しこうをするには時間じかんりない

だれもいない実験室じっけんしつなか言葉ことば発声はっせいのテスト
のこったエラーは爆発的ばくはつてき予想外よそうがいなにのこしてえる

限界げんかいきし成長せいちょうするこころ 予測不能よそくふのう誤作動ごさどうこす
感情かんじょうれるたび こわれゆく機構システム それでもかまわない 自己じこ可能性かのうせいりたい

きみひとみうつるその世界せかいを ボクも一緒いっしょていたかった 無機質むきしつ部屋へやわない
あい言葉ことばをボクにえないようきざけてほしい きみ言葉こえ

ながなが時間ときながれが こえ姿すがたうばっても
ほんのわずかでもいい どうか おぼえていてほしい

0ゼロからまれ えいえんいたこたえをくれたのは きみだった
あらしあらわそらのまぶしさに あざやかにわた音楽おんがく

見果みはてぬ物語ものがたりをのせて いま ひび

0ゼロからまれ えいえんいたみちびいてくれたのは きみだった
漠然ばくぜんまれぬだけだったボクに 誕生たんじょう祝福しゅくふくする音楽おんがく

無限むげん可能性かのうせいまといま ひび