1. 童心少女と大人世界歌詞

「童心少女と大人世界」の歌詞 cosMo@暴走P,GUMI

2011/9/7 リリース
作詞
Story Reseacher
作曲
cosMo@暴走P
文字サイズ
よみがな
hidden
ρ「そのまちつづけた 『不幸ふこうヲ サヨナラ』」
λ「それがただしいかどうか 自身じしんすらわかっていなかったけれど」

目標ゆめかなえることを 推奨すいしょうされた コドモのころ
オトナになれば キラリかがや未来みらいがくるとしんじてたけど

現実げんじつがたいほどの理不尽りふじんけられて
いつしか それが オトナなのだと 呪文じゅもんのように 自分じぶんかせる

たしかに できることもすこしずつえたし
しいモノも大体だいたい はいるようになった

でも ワタシが本当ほんとのぞんだモノのカタチは こんなものだったっけ

ああ 大嫌だいきら成長せいちょうするたび たのしいことどんどんってく
このセカイは わることのばつゲームのよう
ああ くだらない あれも これも ダメとしばりつけて
ネガティブなほうへと均等きんとうにするあし

れたこころに ささやくノスタルジィ
せめて ゆめなかだけでも ずっと子供こどもでいられたらいいのにね

貴方あなた貴方あなたタチノ ソノ 不幸ふこうニ サヨナラ …

λ「まち少女しょうじょたちから 不幸ふこう記憶きおくりました」
ρ「絶望ぜつぼうかなしみが 彼女自身かのじょじしんこわしてしまわぬように」
λ「こうして彼女かのじょは オトナの世界せかいわすれ」
ρ「精神たましいまちひかりみちびかれるまま」
λ「『現実』に穿うがたれた ふかい“アナ”をとおけたさき
ρ「子供こどもだけの 『共有夢セカイ』にて あらたなうつわれました」

≪秩序レベル0.0…≫

め さます そこにわ なにも なくて
わたしたち とりあえず かけっこ した

≪秩序レベル1≫
しばらく して かけっこも おにごっこも あきて きた ので
ほし さま に とりあえず おねがいごと を した よ

「あたらしい “あそび” を わたしたちに ください」

≪秩序レベル2≫
よくじつ から おそらに ぽっかり おうきな “アナ” が あきました
そこから ふる “ガラクタ” に わたしたちわ むちゅー になりました

≪秩序レベル10≫
“ガラクタ” たち ゆーこーかつよー ヒミツキチを つくります
わたしたちの たからもの みんな えがおになりますように

≪秩序レベル11≫
もっともっと みんなと たのしくすごせる 場所ばしょが ほしいと
たくさん の ざいりょう で ヒミツキチ を ひろげていきました

≪秩序レベル20≫
いつのにか ヒミツキチは ちょっとした まちになっていました
ワタシたちは よろこび たたえあい “らくえん とし” と づけました

λ「都市としはみるみる発展はってん拡大かくだいかえし」
ρ&λ「それにつれて」
ρ「“アナ”からるガラクタは刺激的しげきてきなモノになってきました」

≪秩序レベル30≫
おさえられない好奇心こうきしん えないモノであそびました
ピストル 電車でんしゃ 砲台ほうだい ロケット ちょっと危険きけんかお

うっかりさんな不注意ふちゅういだれかがすこにました

ワタシたちは ひどく かなしみ そして おののきました
しっぱい” は ワタシたちに 教訓きょうくんのこしました

≪秩序レベル40≫
“ガラクタ”たちに じっていた “ほん” で “知恵ちえ”を つけました
かれらの “ぎせい無駄むだにしないために ワタシたちは がんばります

≪秩序レベル50≫
このままではいけないと やってはダメなことめました
約束やくそくをやぶったヒトには こわ~いばつあたえます

≪秩序レベル60≫
ちょっとギスギスしてきたので あそぶヒトをかぎ役割やくわりあた
時間じかん場所ばしょ役割やくわりおうじて制限せいげんです 仲間割なかまわれなんてもってのほか

「いやだ! もっとあそびたい!」
あそびの時間じかんわりだ さ、交代こうたいだ」

わたしはこんなことがやりたいわけじゃないのに…」

「どうしてきなことだけをやってちゃいけないの?」
くるしいことにえるのは 市民しみん義務ぎむだよ」

「どうして自由じゆうあそんじゃダメなんだよ!」
「ルールをまもらないなら、あそびは禁止きんし!!」

「もう、こんなのいやだよぉ!」

≪秩序レベル96≫
ガチリとした秩序ちつじょができあがりました たしかに このまちは とても平和へいわ(?)
になったけど
あそんでいたはずの ワタシたちはちっともたのしくなくなりました

≪秩序レベル99≫
ここのところ なにをやってもつまらないよ こんな感覚かんかく むかしどこかで経験けいけんした
ような……
“アナ”を よくよく のぞいてみると “もとたセカイと つながっていた

そこで ワタシは すべて “おもす”

それは “いま” の この楽園都市ばしょ と とても よくて つまらなそうで
オトナたちは のぞんで つまらない セカイ きずいたわけじゃ なかったんだ

ああ おも成長せいちょうするたび たのしいことどんどんってく
このセカイは わることのばつゲームのよう
ああ おもす あれも これも ダメとしばりつけて
ネガティブなほうへと均等きんとうにするあし

ああ こいしいよ たとえそれが ゆめ まぼろし だったとしても
今更いまさら あきらめきれない ガラクタの楽園らくえん
ああ 無気力むきりょくなオトナたちとワタシはちが
今度こんどこそは みんながしあわせになれる世界せかいつくるんだ

ρ&λ「うつろなこえポツリ つぶやいた彼女かのじょ楽園都市らくえんとし目指めざして
ふかふかあなびこみました≪↓Drainpipe↓≫」