「Pride」の歌詞 day after tomorrow

2005/8/17 リリース
作詞
misono,Kenn Kato
作曲
鈴木大輔
文字サイズ
よみがな
hidden
つよむねえがいた
ゆめかってはしつづけた
つまずいてころんでも
かすりきずなどにもめずに

ただ夢中むちゅうだったから
そのいたみさえかんじなかった
けれどまえばかり
大切たいせつなことわすれかけてた

もしひとりでいたら
きっと、いまのぼくらはなかった

このままわりたくはないんだ
自分じぶんらしくきてみたいんだ
だれもがそうおもってた
どこまでもどこまでもとおくに、
自分じぶんおもえが世界せかいに、
いつかぼくらははぐれてた
そばにいればたりまえになる
らずらずあまえてたりする
それできずつけたりする
もっと、もっとたがいにもとめる
のぞぎてこわすこともある
ないものねだり、わがままじゃ
おもどおりにいかないね

出会であったころはいつも
おもおもいの地図ちずひろげた
かさねてみたらそこに
さがつづけた未来みらいえた
ときにすれちがいとか
ぶつかることもかえしたり
けれどしんじることでえてたから
いまここにいる

もしひとりでいたら
きっと、なにひと出来できなかった

このままわりたくはないんだ
自分じぶんらしくきてみたいんだ
そればかりにとらわれて
だからまわりのこえこえず
そばにいるやさしさもわすれて
なにしてるの?とける
しずけさにみみましたとき
かたりかける自分じぶん気付きづいた
あのころわすれないで
そのこえいたときから
ずっとずっとまよつづけてた
だからこそいままる
キミをむかえにくために

もうひとりきりでも
あるいていかなくちゃいけない

ここでいまいたとしたら
みんなわらいかけてくれるかな
このおもい、とどくように
はなれてもこのこころなか
はなれてもそのこころなか
おもちからにかえて・・・
しずけさにみみましたとき
かたりかける自分じぶん気付きづいた
あのころわすれないで
そのこえいたときから
ずっとずっとまよつづけてた
それぞれがいまある
あたらしい地図ちず片手かたて