「はるかぜ」の歌詞 doa

2007/3/7 リリース
作詞
Akihito Tokunaga
作曲
Akihito Tokunaga
文字サイズ
よみがな
hidden
まぶしい陽射ひざしのなかに あのころにおいがした
やわらかい微笑ほほえいまにもかえってそうなくらい
名前なまえくちにしなくなってどれくらいったのだろう
りのおもいはまるでつたわらないまま

それでもまよいながらぼくたちは
ない日常にちじょうなかにある
本当ほんとうたからさがしにゆく

はるかぜに ねがいをせて
こころはいつもそばにいるから
ひらひらとちる さよならのはな
むねいっぱいにひろがれ

さきめずに二人ふたりしろ電車でんしゃった
このまま永遠えいえんにどこかへけそうながした
“ありがとう”もえずに それがあたりまえの日々ひびだった
きみうしなことなんておもいもしないで

どんなにつらとき不安ふあんとき
かざらないきみ何気なにげない言葉ことば
それだけでいつもつよくなれた

はるかぜに ねがいをせて
こころはいつもそばにいるから
ゆらゆらとおどる さよならのはな
そらいっぱいにつながれ

さびしさはきるあかしなのか えてゆけるあかしなのか
何故なぜに かけがえのないものばかりもってゆくのか

はるかぜが いてゆく
せつなさをつつむように
季節きせつめぐって まちいろがどんなにわっても
あのころ気持きもちはわらない

はるかぜに ねがいをせて
こころはいつもそばにいるから
ひらひらとちる さよならのはな
むねいっぱいにひろがれ

ずっとわすれないように

きっとわすれないように

しずかなはるぎてく