1. ガラスのハイウェイ歌詞

「ガラスのハイウェイ」の歌詞 doa

2008/4/2 リリース
作詞
徳永暁人
作曲
徳永暁人
文字サイズ
よみがな
hidden
あたまでは理解りかいしていてもなかなかできないんだ
たった昨日決きのうきめたばかりのちっぽけな約束やくそくさえもまもれてない

今年ことしもまたこの季節きせつて“はやいな”ってあいづちばかりって
ぼくはどこまですすんでれたんだろう

ガラスのハイウェイにっているように
ゆめ危険きけん背中せなかあわせでも
このながい道程みちすこしずつあるこう
そしてきみは あのころみたいに
わらっていて

おな状況ばしょにいるつもりでもまわりがどんどんうごいてしまう
どうもうまくいかないことをどこかのだれかとなかのせいにした

ちいさなこと全力ぜんりょくになるきみ姿すがた 勇気ゆうきになった日々ひび
ずっと保留ほりゅうしっぱなしじゃうごけない

ガラスのハイウェイをばしているように
なにがあってもいろあせないおも
このながいおかゆめかなら
だからきみは あのころみたいに
わらっていて

潮風しおかぜれてささやきあった
かがやいていたとおいあのはかげろう

つまらないことけるにははやすぎる
tillティル the endエンド ofオブ timeタイム...

ガラスのハイウェイをはしけるように
なにがあってもわらないおも
このながい道程みちすこしずつあるこう
そしてきみは あのころみたいに
わらっていて