「エトランゼ」の歌詞 doriko,初音ミク

2010/11/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
足音響あしおとひびかべ れてた影幾かげいく
まない喧騒けんそう かなでていた歳月としつき
あいしていたドレス かかえていたブーケ
くしてしまった なにらないまま

だれわたしつけて
一夜ひとよはな
もしここで あなたのゆめれたら

つきしたのエトランゼ ほしおどれミステリア
さあもっとわたしゆびから
つないだのメゾフォルテ ささやうピアニシモ
ねえもっとわたしきざみつけて

足音消あしおときえるそら 見上みあげた影一かげひと
まない幻想げんそう おぼれていた いつの
つめていた姿すがた わしていた言葉ことば
くしてしまった なにらないから

だれわたしあいして
一夜ひとよてなきこい
いつまでも あののままでいれたら

わらぬままヘミスフィア そそぐはアメシスト
さあもっとわたしこえいて
二人描ふたりえがくノクターン けたおとのシンフォニア
もうずっとわたしはなさないで

いつもいまうたうだけ あのときからうごけない
ねえずっとわたしゆめてる
かねひびおとがして 夜明よあまえほし
もうきっとわたし居場所いばしょはない

つきしたのエトランゼ
ほしおどれミステリア
ねえそっとわたしはなして