1. 飴か夢歌詞

「飴か夢」の歌詞 doriko,初音ミク

2010/11/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いつかのしず
明日あすはもう目覚めざめなきゃ
しずかにねむれない
言葉ことばあふした

ドコハココナノ

不満気ふまんげさまでだるくいき
仕方しかたないふりで にら
それが無駄むだづきかみったあさ
自由じゆううしなってぼくまれた

どこまでもみちびいて
すなしろ神様かみさま
ただ無知むちぼくらに
あめください
すほどに

あおあおそら
見下みおろさないでよ
ぼくべないよ
しろしろはね
なんていらないよ
きっとまぶしすぎて
鈍色にびいろげた
首輪くびわぼく似合にあ

ありふれた神様かみさま自分じぶんきらいで
みぎならえがき デザートも
まれまえから 一応足いちおうたりてる
そんな楽園らくえんを カラスもわら

首輪くびわをはずしたとき
くすぼくだれ?
この無様ぶざまいぬ
ゆめください
神様かみさま」ならば

ひろひろそら
とりばたいた
ぼくびたいよ
たかたか
孤独こどくになりたい
それができるのなら
曖昧あいまいにすがりつく
ぼくはどこまで無力むりょく?

あおあおそら
見下みおろさないでよ
ぼくべないよ
しろしろはね
なんていらないよ
きっとまぶしすぎて
鈍色にびいろげた
首輪くびわぼく姿すがた

鳥達とりたちんでいく
いつかのぼくのもとへと