「Mermaid」の歌詞 doriko,初音ミク

2010/11/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
れる鼓動凪こどうなあおそこ
かれねむれるはかごとり
きっとだれよりもしあわせで
くらまどそとあこがれでげる

つめるこいかごかぎをかける
きずつけるうそばかり それがすべてと

窓越まどごしのきみ それでもわらずに
いかけて いかけて
こわくなかった

みずそこから けだすはこい
あなたのもとへ きたいとねが
このあしがもし うごくのなら
ただ一度いちどだけでも まよいなくそばあゆ

とお場所ばしょつめるほどに
どこかかなしげなこえがした
そっとかぎはずされたこと
ただよろここいやさしさにぎで

いたあしさえわすれてしまうほど
はじめてのつめたさを 夢中むちゅうけた
ほしたよりにあなたの笑顔えがおだけ
いかけて いかけて
こわくなかった…?

かごなかから けだすはこい
のこされるのは りの一人ひとり
あいしたぶんかごおもすぎて
まもれなかった いたいほどに不器用ぶきよう

とどかない とどかない
どれほどにくしても

えていく ばし
とどきかけた指先ゆびさき

そんな世界せかいきてる

だれすくえぬゆめだけのこ
あお鼓動こどう足跡あしあとえる
からなかった だれまもられて
からないまま なにもかもてた

とどかなかった やさしさはいま
けてしまったかえらぬかごつめてる