1. 文学者の恋文歌詞

「文学者の恋文」の歌詞 doriko feat. 初音ミク

2015/1/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
言葉ことばをあなたにささごう
このぼくこころおなうれいを文字もじめて
どれだけ綺麗きれいえがけたならあなたにとどくのか

なみだこぼしたふたつのすこはなれた雨傘あまがさ
あなたのこえこえない
雨音あまおと邪魔じゃまをした

はじめてだれかにこいをしてた
きっとあなたもづいていたね
むねせつなさを手紙てがみつづろう

言葉ことばをあなたにささごう
このぼくこころおなうれいを文字もじめて
どれだけ綺麗きれいえがけたならつたわるだろうか
言葉ことばにできないなんてせない
まるで一人ひとり孤独こどく文学者ぶんがくしゃ
ぼくげた言葉ことばでこそ
とどけてみせたい

わらずそられない
ふたならんだ雨傘あまがさ
あなたのゆびれた
雨音あまおととおくなる

つたな手紙てがみわたしたけど
あめにじんだ文字もじめない
それでも「ありがとう」とあなたはわらった

言葉ことばをあなたにおくろう
もう一度いちどいつかかならわたすと約束やくそくした
そうする自分じぶんくやしかった
あなたのやさしさも
かざらぬこころけばおさなすぎて
姿すがたもない「だれか」にわらわれた
そのときわすれてしまったもの
しあわせのなか

月日つきひ黄昏たそがれゆく
ぼくらにのこされた時間じかん
あとわずかだとっているのか
じあなたはつぶや
最後さいごねがいがかなうのならあの手紙てがみください」と
ただのこしてねむりにつく

たとえば「き」と一言ひとこと手紙てがみでも
あのひと大切たいせつにしてくれたのだろう
本当ほんとう自分じぶんかっていた
けどできなかった
こころつづることからした
ぼく一人ひとり無力むりょく文学者ぶんがくしゃ
かたろうとしてた「だれ」のために

だれのために?

だからせめてまたあなたにうときは
あのぼくつづきをわたすから

ペンをはしらせるまどそと雨音あまおとひび