「砂塵の彼方へ」の歌詞 eastern youth

2008/7/23 リリース
作詞
吉野寿
作曲
吉野寿
文字サイズ
よみがな
hidden
すなよう霧雨きりさめよう
真昼まひるそそ
拒絶きょぜつ雲間くもま射抜いぬいて
そら射落いおとす
目蓋まぶたはなおも出哀でかなしい」か、
馬鹿ばかげた感傷かんしょうだぜ
げる

それをろうがらざろうが
まえひろがる世界せかい砂塵さじんなか

ながれてえてくちぎれぐも
秋風身あきかぜみにじむビルかげなか
鼻唄はなうたをぶらげてっている

「ソレハアマイノ?
ソレハニガイノ?
アタタカイノ?
ツメタイノ?」
じるなこえ
躊躇ためらうなこえ
太陽たいよう真下ましたへ!

そぞろにあゆめば何時いつ
懶惰らんだやみさえいつくしむよう
口元くちもと薄笑うすえみをかべている

何時いつでもこころひび
にわかにねむりもます
あれは声無こえなこえ
歌無うたなうた

それをろうがらざろうが
まえひろがる世界せかい砂塵さじんなか

ながれてえてくちぎれぐも
秋風身あきかぜみにじむビルかげなか
鼻唄はなうたをぶらげてっている
言葉ことばたずとも)

砂塵さじん彼方かなたへと