1. 雨曝しなら濡れるがいいさ歌詞

「雨曝しなら濡れるがいいさ」の歌詞 eastern youth

2008/7/23 リリース
作詞
吉野寿
作曲
吉野寿
文字サイズ
よみがな
hidden
コンクリートの隙間すきまから顔出かおだした
くさようはなよう
「なんだってかんだったってらないよ」
なんでもねぇやとっている

雨曝あまざらしなられるがいいさ
だって、どうせかさなどっていんだ
ときたならわるもいいさ
それがおれ最後さいご運命うんめいだったら
そのときまぶたかぜえるだろう
しずかにれるだろう

したいき干涸ひからびて
鳥達とりたちついばんでいったよ
くもさそいにるけれど
きみ背中せなかにはれないもんな

ゆきったらいてやるのさ
なみだがちょっとのゆきならかしちまうだろう
こおりついたらいかりをやす
それがすべての景色けしきやしちまうだろう
そのときこころげてしまうだろう
けむりわるだろう

まれたから
うしろはいさ
ひろがる世界せかいるばかり
見据みすえてやるさ

つよがりばかりならべてやれば
ホラ雨雲あまぐもさえも気配けはい
ときたならえるもいいさ
それがおれ最後さいご運命うんめいだったら
そのときまぶたかぜえるだろう
しずかにれるだろう』