「恋花火」の歌詞 erica

2014/8/12 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
夜空よぞらいたこい花火はなび
きみごしたみじかなつわすれない

月明つきあかり 蛍火けいか ふいにれた左手ひだりて
ふたつかたならべ ずっとはなしていたね

子供こどもみたいにはしゃいでる無邪気むじゃき横顔よこがお
ゆめのこと大好だいすきな友達ともだちのこと
ればるほどにこいしてました

夜空よぞらいたこい花火はなび きみもどこかで見上みあげてますか?
いまいたくてこいしくて 遠回とおまわりしてやっとづいた
ただせつなくてえなくてくるしかったよ
もうかくさないつたえたい ずっときみだけてたよ

いわしぐも とおあめ なつっていく

きみ何気なにげない言葉ことばにいつもこころ戸惑とまど
うれしくてきずついてまたがり
なにもできなくてげていました

きみ出会であってこいをして はじめてったホントの気持きも
たった二文字にもじえなくて わたしはいつもわれずにいた
人混ひとごみの中君なかのきみだけをさがしているよ
もうまよわないつたえたい ずっときみだけてたよ

いたい…
いたい…

夜空よぞらいたこい花火はなび ホントはきみのそばでみたいよ
なみだあふれてまらない だれよりもそうきみ大好だいす

夜空よぞらいたこい花火はなび きみもどこかで見上みあげてますか?
時空じくうえてつたえたい 満天まんてんほしおもいをせて

ただせつなくてえなくてくるしかったよ
もうかくさないつたえたい ずっときみだけてたよ

きだよ…
きだよ…