「しおり」の歌詞 flumpool

2011/1/26 リリース
作詞
山村隆太
作曲
阪井一生
文字サイズ
よみがな
hidden
映画えいがのワンシーンのよう モノクロな記憶きおくのせいで おもわず 高速こうそくばした 感情かんじょうかくさず
友達ともだち恋人こいびともライバルも いま過去かこひと きずなべるもんが ぼくらにはたしかにあったんだ

あのころよりらしはましなのに せつなくなるのは そうゆめかたりあえたころもどれないから

ぼくわらってうたって しんえた 戸惑とまどかかえながら
いつまでも とどまれないから こころしおりはさんでは えるまでとちかって
そしていまでは いきらしてさがしているんだ

ふるびた つくえきざまれたゆめ恋愛観れんあいかん 青臭あおくさくて しょっぱくて でも力強ちからづよくもあって
上手うまくいかないことばっかの毎日まいにちだったけど いまよりきるいたみなど かんじなくて

たしかなものばかりをえらぶより 不確ふたしかでもかがやくあのかげ かえらぬ日々ひび おもしては

いつだって わらってうたって しんえた 戸惑とまどかかえながら
たとぼくはなれたとしても さみしさにれても つければ あのかがやき すぐにもどせるがした
いまでも 色褪いろあせないゆめ つか

どれくらいとしかさねても ゆめがくたびれても ぼくらだけがるあのしおりは きっとわすれないから

わらってうたって しんえた 戸惑とまどかかえながら
いつまでも とどまれないから こころしおりはさんでは えるまでとちかって
そしていまでは いきらしてさがしているんだ