「ギルト」の歌詞 flumpool

2011/1/26 リリース
作詞
山村隆太
作曲
阪井一生
文字サイズ
よみがな
hidden
ふかいほど せつないのが きっとあいなんだろう こころれる
高層こうそうビルに はさまれた きみはかなやさしくわら

本音ほんねさとられるのが いやだったけど きみはいつも本音ほんねをくれた

おもうほどがれるほどきになるほど はなれなければいけなくて
ゆるされないおもいで 自分じぶんきずつけるなら
どんなおきてやぶててみせる

大人おとなになって わずらった やまいはいつもよりたちがわる
きっとこれはこいじゃないと あとどれくらい心塞こころふさぐの?

日陰ひかげとすなら せめて ぼくあい日向ひなたかがやいて

きっと孤独こどく言葉ことばなみだ理由わけぼくきていくためのもんさ
きみきみでしかいられないのならば ぼくぼくとして
いま きみちか

ゆめ現実げんじつほうして むかえにいくよ たと世界せかいふちへでも

きみ未来みらいうばるのはぼく背徳はいとくであってもかまわない
きみきみでしかいられないのならば ぼくぼくとして
どんなつみでも かかあるいてくだけ