「フレイム (Album Version)」の歌詞 flumpool

2009/12/23 リリース
作詞
山村隆太
作曲
阪井一生
文字サイズ
よみがな
hidden
がるはな アスファルトたたかい風吹かぜふ坂道さかみち のぼってく
やぶれたくつにしないように あたらしい景色けしきだけを見据みすえている

はしったぶんだけ みがいたぶんだけすべてむくわれるわけじゃない
それでも時々見ときどきみえる希望ひかり心奪こころうばわれて
またちあがって ある

ゆびつくったフレイムをのぞきこめば
とおくでしろぼくがいる
こんなふうきてんだって たったひとつ
ひかひとみで Yesとこたえたい
自分じぶんかったとおもえる瞬間しゅんかんいかけてある
きてゆくよ

背中せなかされ こえるは愚痴ぐちとおあめうらむような しかめつら
安物やすもののシャツ やぶれば古着ふるぎえるとつぶやく背中泣せなかないている

だれもがなにかをめるときに よぎるにがおも
これから出会であたから価値かちはかるためにある
つかるもののいとしさを

いまがすべてで現在いまがすべてじゃないと
げたりなぐさめたりしながら すすんで
はなびらがかぜのなかぼく
ひとつ ひとつと足跡あしあとのこしてゆく
せつなさやむなしさの瓦礫がれきなか
もがきながら 希望探ひかりさがしている

孤独こどく旅路たびじさかのぼ途中とちゅう…それこそゆめ

ゆびつくったフレイムをのぞきこめば
とおくでしろぼくがいる
くたびれたリュックはからっぽのまま
それでも微笑わらって Yesとこたえたい
自分じぶんかったとおもえる瞬間しゅんかん
この出会であえてかったという瞬間しゅんかん
自分じぶんかったとさけびたい瞬間しゅんかんいかけてある
きてゆくよ