「微熱リフレイン」の歌詞 flumpool

2013/7/3 リリース
作詞
山村隆太
作曲
阪井一生,百田留衣
文字サイズ
よみがな
hidden
がれてく なついろ なびくかみ
んだにおなく途切とぎれた言葉ことば
千切ちぎぐも ながめては あのへの かえみちさが
背中合せなかあわせですく影帽子かげぼうし

なにもかも全部ぜんぶ せつないのは
わすれたくない 瞬間しゅんかんがあるから

白昼夢はくちゅうむこい わらきみ くちづけわした
あのゆめつづきを もう一度いちど
れられないそのはだいまつのおも
つめひとみは まるでダイヤのよう
まだ、めないで

グラスのなか このこおりけるまで もう一度燃いちどもえてみたい
うすくなったあじこいしい

ベランダの Tシャツは いまもまだ 生乾なまがわきのままで
つぎかぜちわびてる

落書らくがきのように えない場面シーン
かれった 面影おもかげとお

炎天下えんてんかした ひたいあせ ぬぐひまもなく
けこがしたあい陽炎かげろう
波打なみうぎわ足跡あしあとえてゆくまえ
いっそきしめたい
何故なぜもどらない微笑ほほえみに cry

出逢であった一瞬とき笑顔えがおかえってみせて そっと

熱帯夜ねったいやねつ あまみつ くちづけわした
夢中むちゅうった季節きせつ
くるしいほど つらいほど いまつのおも
わりかけのこいは まるで花火はなびのよう
まだ、えないで