「星に願いを」の歌詞 flumpool

2009/2/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きみがいない 日々ひび意味いみをいまって
すべてなにもかも ててした
ほししたいまこころんで
だれかのためだけに わらってるの?

きみまれたまち かいかぜ歩道橋ほどうきょううえ
背中押せなかおなつかしいうた

かなくちゃ
このえない感情かんじょうが こんなにこのむね
あつくする たしてゆく こわれるくらいに
あめかぜわすれなかった
なみだれた笑顔えがお
くせないなによりも大事だいじなモノ

いつかきみ夜空よぞらのふたつぼし
名前なまえつけて わした指切ゆびき
キミはじっと ながれるほしさがした
ずっと ぼくねがいをいのってた

しあわせにならなきゃいけないひとのために
ほしよるかがや

いたくて
このひろくらそらした いまもしもひとりなら
なにひとつキミをつつむモノもいとしたら
いにゆこう
もう二度にどをそらさない よろこびもいたみも
どんなかおうでのなかでていたい

わかったんだ しあわせってさ
ふたつでひとつ ひとつずつじゃない
すべてをえる二人ふたりだけにゆるされたねが

かなくちゃ
さくらはなびらがよるってしまうまえ
だれよりもやさしすぎる 心閉こころとざすまえ

いたくて いたくて いま いたくて
いまもしもひとりなら
なにひとつキミをらすモノもいとしたら
いにゆこう
ながぼしにかけたねがかなうのがいまなら
このさきあたらしいふたりがいる
かなくちゃ