「流れ星」の歌詞 flumpool

2010/6/23 リリース
作詞
Ryuta Yamamura
作曲
Kazuki Sakai
文字サイズ
よみがな
hidden
ながぼしひとつ けてく瞬間しゅんかん無邪気むじゃききみおもえが
そう幾度いくどとなく その笑顔えがおのために ぼく明日あしたかえるんだよ

だれもがきっと だれかのためにきたくて
あいしたくて ばして きずついていくけれど
涙無なみだなくしたときは この約束やくそく おもって

きみこえ 吐息といき その眼差まなざしも すべきらめいて
一瞬いっしゅんでも 永遠えいえんでも きみちかくにかんじていたい
やさしいこころ もっとれてたい ひかりよりあつ
むねがして かして きっとまたここでえるよ

ちいさな本屋ほんやで すりった小説しょうせつ1いちページをひらくときに
むねおどらす そんな期待きたいだけで いま きみみちびけたなら

自分じぶんらしさ」呪文じゅもんのように かえして 優先ゆうせんして
犠牲ぎせいにした だれかのしあわせも
遠回とおまわりのてに そうきみこそ真実こたえ

サヨナラを えて きみかがやいて 最後さいごまできらめいて
一瞬いっしゅんでいい こんなにも よる素晴すばらしいっておもえるなら
火照ほてったゆめねつとどけてよ ひかりよりはや
ときかして ばして きっとまたすぐにえるよ

わすれない えやしない はなばなれになっても
おもかなら明日あしたへのかてになるから
ゆめ希望きぼうじゃうまらなかった
こころ隙間すきま たされる ながぼし った

めぐめぐときえて 何度なんどでもいにくるよ
何度なんどでも 何度なんどでも その笑顔えがおだけ まもるために

きみこえ 吐息といき その眼差まなざしも すべきらめいて
一瞬いっしゅんでも 永遠えいえんでも きみちかくにかんじていたい
いとしいこころ ずっとあいしてる ひかりよりあつ
むねがして かして 絶対ぜったいまたここでえるよ

きっとまたここでえるよ