1. 証歌詞

「証」の歌詞 (第78回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲) flumpool

2011/9/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
まえきなよ かえってちゃ 上手うまあるけない
とおざかるきみるのがやっとで

こえしたら めそうさ こころつぶや
ぼくぼくゆめへと きみきみゆめを”

あたりまえのぬくもり くして はじめてづく
さびしさ めて あゆみだす勇気ゆうき いだいて

あふれだすなみだきみさえぎるまえに
せめて笑顔えがおで“またいつか”
きずつけっては 何度なんどゆるえたこと
わりなきぼくらのあかしになるだろう

我侭わがままだ”ってけなされたって ねがつづけてよ
そのこえとどくから きみきみでいれば

ぼくがもしも ゆめやぶれて あきらめたなら
とおくでしかってよ あのときのようにね

きみ指差ゆびさすその未来さき希望きぼうがあるはずさ
だれにもめられはしないよ
一人ひとりかかんで きる意味いみうときは
そっとおもして あのぼくらを

“またね”って言葉ことばはかなかなわない約束やくそく
いくつわしてもれない
なのに追憶ついおく破片かけらめたノートに
きみないページは

あふれだすなみだ ぬぐころ きみはもうえない
おも言葉ことばは“ありがとう”
きずつけっては 何度なんどわらえたこと
きずなむねぼくある