「for no one」の歌詞 flumpool

2011/9/7 リリース
作詞
山村隆太
作曲
阪井一生
文字サイズ
よみがな
hidden
だれもが心躍こころおどはなやいだ季節きせつ ひとり
見知みしらぬまち冬空見上ふゆぞらみあげてたんだ
えない感情かんじょうをよそに だれかがうれしそうなかお
プレゼントかかとおぎてゆくけど

ぼくは まだたたずんだまま すすめない

虚勢きょせいばかりって きみ見向みむきもせず
わかれが こんなにもぼくちのめす

きみきな あのうたはもう くちずさむこともない
そのたびきみ笑顔えがお おもかべてしまうから
こいなんて一方的いっぽうてきおもみだって かってるけど
この洗脳せんのういても 今夜こんやさええられそうにもない

まるで昨日きのうのよう ふたり あるいた遊歩道ゆうほどう
なにもかもがかがやいてえた そんながしてた

ぼくは ただ追憶ついおく辿たどっていく

やさしいだけじゃ いつかひときずつける
いつもきみぼくに ごねてみせたあと はにかんだ

だれかのためじゃなく 自分じぶんのために わらって” なんて
うれえていたきみはもう そばにはいないという事実じじつ
正直しょうじきこれをえる 自信じしんなんてないんだけど
ときがいつかすべてを あらながしてくれる そうねがってる

そうさ いつも 理屈りくつじゃかってんだよ
それでもきみゆめてしまうよ

きみきな あの“for no one” くちずさむぼくがいて
どうしてもその笑顔えがお わすれたくはないんだよ
こいなんて一方的いっぽうてきおもみだって かってるけど
この洗脳せんのういても 今夜こんやさええられそうにもない