「two of us」の歌詞 flumpool

2011/1/26 リリース
作詞
山村隆太
作曲
阪井一生
文字サイズ
よみがな
hidden
またきみはね 不機嫌ふきげんそうにかおしかめて
「ほらぼくだって 完璧かんぺきじゃない」 わけすれど

なんだかんだきみ夢中むちゅうなのは 相変あいかわらずぼく
どんな辺鄙へんぴ場所ばしょでも きみとなら
かまわないんだよ

きみわらうたび ぼくおもきる意味いみなんて その笑顔えがお
充分じゅうぶん それ以上いじょう なにのぞんではいないと
不満ふまんおもうこともあるだろう なおせない性格せいかくも あるだろう
だけどね いてしい言葉ことばがある「あいしてるんだよ」

永遠えいえんだとか 絶対ぜったいだとか 大袈裟おおげさうた
ラブソングはれるけれど きみとだったらさ

喧嘩けんかするたび いつもたがいの欠点けってんづくけど
おもかえせば はにかんでいる そんなぼくがいて

だから いつもいつまでもそばえない
きずかかえていても
50年先ごじゅうねんさきでも 微笑ほほえゆるえる
そんな関係かんけいになれるといいな そうおもえるきみえただけで
あい意味いみなど どうでもいいようながするんだよ

ひときるためのエチュードなんて ありもしないものを
強請ねだってる
いたみも なみだきみ背負せおってきてくなら
ぼく半分はんぶんにすればいいさ かなでる 希望きぼうへの「two of us」

きみわらうたび ぼくおもきる意味いみなんて その笑顔えがお
充分じゅうぶん それ以上いじょう なにのぞんではいないと
未来みらいうれうこともあるだろう 現実げんじつ歯痒はがゆくもあるだろう
だからね つたえたいおもいがある 「あいつづけたい」