「奏」の歌詞 fumika

2011/6/8 リリース
作詞
大橋卓弥,常田真太郎
作曲
大橋卓弥,常田真太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
改札かいさつまえ つなぐ いつものざわめき あたらしいかぜ
あかるく見送みおくるはずだったのに うまくわらえずにきみていた

きみ大人おとなになってくその季節きせつ
かなしいうたあふれないように
最後さいごなにきみつたえたくて
「さよなら」にわる言葉ことばぼくさがしてた

きみくその役目やくめぼく使命しめいだなんて そうおもってた
だけどいまわかったんだ ぼくらならもう
かさねた日々ひびが ほら みちびいてくれる

きみ大人おとなになってくその時間じかん
もるぼくわってく
たとえばそこにこんなうたがあれば
ふたりはいつもどんなときもつながっていける

突然とつぜんふいにひびくベルのおと
あせぼく ほどける はなれてくきみ
夢中むちゅうめてきしめたんだ
きみがどこにったってぼくこえまもるよ

きみぼくまえあらわれたから
なにもかもがちがくみえたんだ
あさひかりなみだうたこえ
きみかがやきをくれたんだ

おさえきれないおもいをこのこえせて
とおきみまちとどけよう
たとえばそれがこんなうただったら
ぼくらは何処どこにいたとしてもつながっていける