「遠く遠く」の歌詞 fumika

2013/10/23 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
とおとおはなれていても
ぼくのことがわかるように
ちからいっぱい かがやける
このまちむかえたい

外苑がいえんさくらみだ
このころになるといつでも
新幹線しんかんせんのホームにった
えない花吹雪思はなふぶきおも
まるで七五三しちごさんときのように
ぎこちないスーツ姿すがた
いまではわりと似合にあうんだ
ネクタイも上手うまえらべる

同窓会どうそうかい案内状あんないじょう
欠席けっせきまるをつけた
元気げんきかどうかしんぱいです。」と
手紙てがみをくれるみんなに

とおとおはなれていても
ぼくのことがわかるように
ちからいっぱい かがやける
このまちむかえたい

いつでもかえってくればいいと
真夜中まよなか公衆電話こうしゅうでんわ
われたとき 笑顔えがおになって
いままでやってこれたよ

どんなにたかいタワーからも
えないぼくのふるさと
くしちゃだめなことをいつでも
むねきしめているから

とおとおはなれたまち
元気げんきらせているんだ
大事だいじなのは
わってくこと”
わらずにいること”

同窓会どうそうかい案内状あんないじょう
欠席けっせきまるをつけた
だれよりもいまはみんなのかお
たい気持きもちでいるけど

とおとおはなれていても
ぼくのことがわかるように
ちからいっぱい かがやける
このまちむかえたい

ぼくゆめをかなえる場所ばしょ
このまちめたから