「Knockin' on the door of my heart」の歌詞 globe

2010/9/29 リリース
作詞
TETSUYA KOMURO,MARC
作曲
TETSUYA KOMURO
文字サイズ
よみがな
hidden
饒舌じょうぜつなやりとりが
常識じょうしきへいつくって
常温じょうおん感情かんじょうだけじゃ
いつまでもかざりしかえない
上辺うわべしかえない

雨模様あめもよう都会とかいでは
それぞれのかさが色彩いろどりを。
みんなこころえなくて
ほらかおでさえかくしてる
そのなかのひとりかも
わたしも・・・。仲間なかまかも

Dans cet univers j'etais bouleverses...
Seul les inquietudes sont en premiere lieu
Dans cet avenir incertain replonge dans la memoire de facon
conciente et aussi inconscient
La rencontre des regards
Separation, vide intense
Ce sentiment flou qui m'envahit, qui me fait perdre la notion du temps
Perdue dans I'espace de cette chambre.
Bouleverse par ton rhytm
Prenant le temps de partager nos moments
Tes bras et tes jambes flechis, ta tete tournee vers mon cote,

Tu gardais tes mains fermees
Tu dormais beaucoup
Peut etre trop, tu me faisais peur
Sensible a mes caresses, tu me reconaissais et tu me souriais
Longtemps, immobile je restais sur le seuil de la maisons
Des taches de lumieres dansaient sur mon corps
La lune deversait sur moi une pluie d'argent
Levant les yeux vers les etoiles je murmurais ton nom
Un soupir de douleur
Une longue plainte qui courait sur les nuages
Tu dormais le pouce an bord de tes levres
dans I'universe de ta mere veilles sur moi

ふとしたきっかけが
不意打ふいうちにやってきた
おくそこのパンドラのはこ
あなたがいまノックしてる
Knockin' on the door...
Knockin' on the door...

ずっとずっとこのままじゃわたしなかでの常識じょうしき
もれてゆく気使きづかいに。だから今夜こんやこそどうしても
情熱じょうねつしんじたい
おしえてくれたから
Knockin' on the door...
Knockin' on the door...
Knockin' on the door of my heart

おおきなこえくのかも
大粒おおつぶ涙流なみだながすかも
あたりくだける価値かち
すべてをげだす意味いみ
こんなに手枷足枷てかせあしかせ
はずしてくれたひとはいない
みみをかたむけてくれること
こんなにうれしいことなんて
なつのとびらがひらまえ
常識じょうしきkeyかぎをはずせたら
梅雨時つゆどき灰色はいいろそら
ひかりがひとつひとつずつ
パンドラのはこをすりぬけて
夏服なつふくわたしとどける
やすらぎのふくがあなたから
とどいているのがうれしくて
もう一度いちどドアをノックして
ほほえむわたしがいるはずだから
もう一度いちどドアをノックして
ほほえむわたしがいるはずだから

la la la...
ほほえむわたしがいるはずだから...