「Fire◎Flower」の歌詞 halyosy,鏡音レン

2011/6/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
"最初さいしょからきみきでいられてかった"
なんてそらうたうんだ

んだゆめ
げる場所ばしょ
さがもとめて
このまちから

ふるえる着信ちゃくしん
電源でんげんった
導火線どうかせん
だれめられない

世界せかいわりが
今訪いまおとずれたとしたら
全部ぜんぶほっぽって
ふたり永遠えいえん一緒いっしょなのにね

Like a Fire Flower
ぼくえちゃわないように
粉散こちらせ
夢打ゆめうがれ
"最初さいしょからきみきにならなきゃかった"
なんてうそまでついて

れない景色けしき
不自然ふしぜん笑顔えがお
はなやかなまつりとはちがってた

かえ留守電るすでん
"ガンバレ"のこえ
なみだ導火線どうかせん
えちゃいそうだよ

宇宙うちゅうはじまりが
あの口付くちづけだとしたら
星空ほしぞら
ふたりこぼした奇蹟きせきあと

Like a Fire Flower
きみつけやすいように
雷鳴らいめいごと
夢轟ゆめとどろかせ
"最初さいしょからきみきにならなきゃかった"
なんてバレてるんだろうな

まれもそだちも
ばらばらなぼく
姿すがたかたち
それぞれなぼく
おとこおんな
ちぐはぐなぼく
それでもこころ
ひとつに出来できたなら

人生じんせい途中とちゅう
線香花火せんこうはなびだとしたら
一瞬いっしゅんでも
ふたりらす向日葵ひまわりよう

Like a Fire Flower
いつか夜空よぞら大輪たいりん
かすそのときまでってくれ
"最初さいしょからきみきでいられてかった"
なんてそらうたうんだ