「101年後」の歌詞 hinaco

2010/8/4 リリース
作詞
hinaco
作曲
イワツボコーダイ
文字サイズ
よみがな
hidden
100年後ひゃくねんご未来みらい
どんな世界せかいだろうと
ぼくらは「いたい」なんてこと
まだなやみだろう

星明ほしあかりらしている改札かいさつ
えてきたころ
ちょっとまえあるしたきみ
かえ手招てまねきしてわら
交差点こうさてん 信号待しんごうま
その後姿うしろすがたきしめる
このうでなか二人ふたり世界せかいがある

サヨナラをげる時計とけい
二人ふたりともづかないふりして
どっちがすかなんて
にしてる

100年後ひゃくねんご未来みらい
どんな世界せかいだろうと
ぼくらは「いたい」なんてこと
まだなやみだろう
それまでにあと何度なんど
きみわらえるんだろうな
夜空よぞらほしかずより
おおければいいんだけどな

このひろ宇宙うちゅうのどこかには
ぼくらのこのほし 見上みあげたりして
こい行方ゆくえねがひとたちが
いるのかなぁ?

とおすぎてこえとどかない
すこしは時間じかんが かかるけれど
きっとぼくらのひかりとどくだろう

サヨナラをげるこえ
つぎ約束やくそくわりに
なるとしんじてるから
このままでいい

明日あしたえないよる
いつでもひとりだから
だれもがほしこえ きたくて
見上みあげてる
どれだけきみとの距離きょり
はなれていたとしても
いつでも瞳閉ひとみとじれば
ほらきみ笑顔えがおがある

かぎりのある ときなか
にするもの ひとつくらい
むねのこしたい

1年後いちねんご未来みらい
どんな二人ふたりだなんて
あさまでかた
そんな日々ひび しあわせで
100年後ひゃくねんご未来みらい
どんな世界せかいだろうと
今君いまきみはここにいて
今僕いまぼくはここにいるよ
いつでもこのうでなか
わらない世界せかいがある
明日あしたいたいな」