「innocence」の歌詞 hitomi

2001/10/24 リリース
作詞
hitomi
作曲
Masato Kitano
文字サイズ
よみがな
hidden
ときかぞえてある
おそれをなしてすす
今吹いまふきつける かぜつよ
なにかをさがしあてる
このさき世界せかいにネ
だけど つからず
まってる
とおつづいてるそらこう
たたかいをあわれむ人達ひとたち
かなしみにれる
子供達こどもたち
毎日まいにち顔色かおいろえて
ちっぽけなまよいをかかえて
首傾くびかしわら
どんなにごまかしても
どんなにうたぐっても
そこにうつるもの
なにもなくて
はかれないおもいを
うそっぱちじゃないねがいを
本当ほんとうはきっとネ
もとめている
わらなくて
いいものだって
かざらなくて
いいんだよなんて
そばにある やすらかな
ねがいを
きみがくれた
あたたかいぬくもり
まだそれが
ここにあるのなら
やさしさにえてくちから
いまここでしんじよう
ぼくらは
まれわれるだろう
かなしみこのむね
けるとき
風向かざむきはいつか
わるだろう
そのやさしくおす
ぬくもりを
かんじたなら
つよくなれるかナ
ぼくらがゆめ
てしなく

どんなにつよがっても
どんなに足掻あがいてみても
いまあるちからたよりなくて
こころうつすカガミが
まえきみだってね
わかりだしたなら
たどりける
なれなれしく
ぼくさぶる 明日あすとゆう
このドアをたた
そしてまたなやんでる
ぼくらはきっと
またあるいてく
もしもひときずつけたり
やさしさうしないかけたり
したとしたら
このむね宿やど
innocenceイノセンス
子供こどもころ えがいたゆめ
おもかえしてみる 情熱じょうねつ
ぼくらによみがえかならずね

ぼくらは
まれわれるだろう
かなしみこのむね
けるとき
風向かざむきはいつか
わるだろう
そのやさしくおす
ぬくもりを
かんじたなら
つよくなれるかナ
ぼくらがゆめ
てしなく