「せいいっぱいの恋」の歌詞 hy4_4yh

2007/8/5 リリース
作詞
江崎マサル
作曲
江崎マサル
文字サイズ
よみがな
hidden
せいいっぱいのこいだった

あこがれがこいかたちえたのはあのなつはじまりのころ
冬服ふゆふく夏服なつふくあいだのなんとかふくもあったらとおもころ

そんな季節きせつなんの前触まえぶれもなく奇跡きせき突然とつぜんこったんだ
その奇跡きせきがたくさんの笑顔えがおとたくさんのがおをくれた

せいいっぱいのこいだった 一生懸命いっしょうけんめいこいだった
ヘボヘボのこいだった でもキラキラのこいだった
最高さいこうこいではないけど生涯しょうがいわすれられないこいだった

ちょっとばかり大袈裟おおげさうとクラスの三分さんぶん
かれあこが多聞たぶんれず当然とうぜんわたしもそのなか一人ひとり

後輩こうはいからはしたわれ先輩せんぱいからは一目いちもくかれるてき
いわゆる典型的てんけいてきなヒーロー
このうえないさわやかさでハロー!

わたしはといえばどちらかとえば地味じみ
つーか目立めだちもせず目立めだたなくもなく平均的へいきんてき
一番いちばんくいるタイプだし

それがどう間違まちがったのか神様かみさままぐれか勘違かんちがいか
片思かたおもいすらあきらめてたわたしのメアドをずかしそうに

突然とつぜんいてきたヒーローもしかしてからかわれてる?
もしかして、これってドッキリ企画きかく?
あせかく!えっ!わたしの!?って何度なんど

なんだっけわたしのメアド?あせって度忘どわすれえっとえっとなんだっけ?
やっとおもしてつたえようとしたけどイケてないメアドでくちごもる放課後ほうかご

せいいっぱいのこいだった 背伸せのびしてたこいだった
ペナペナのこいだった でもドキドキのこいだった
最高さいこうこいではないけど生涯しょうがいわすれられないこいだった

ポーとしながらいえかえ途中とちゅう自転車じてんしゃこぎちゅうブルったちゃくうた
ペダルみながらあわてるさが携帯けいたいかなりの期待きたい

ちきれずひらけば表示ひょうじされた見覚みおぼえのないメアド!キュンとなる
んできた文字もじ今週こんしゅう日曜にちよういてる?といてある

あ、あ、いてますとも!どんな用事ようじがあろうとけますとも!
っていた幸福こうふくでこっからのわたしこいやまいをこじらせる

苦手にがて早起はやおきもかるくクリア 緊張きんちょう期待きたいがめくりめくり
わたしてるわざフル活用かつよう頑張がんばりまくったコーディネート&メイク

わせのえきずいぶんはやいちゃったな。
だけどこんなところられたらやたらってるなんておもわれちゃって
かなりまずいよな…。

時間潰じかんつぶしそうと駅前えきまえのコンビニでみしてると、肩叩かたたたきかれ
かえるとかれ笑顔えがおでそこにっていた。絶句ぜっく!

目一杯めいっぱいこいだった 一生懸命いっしょうけんめいこいだった
ヘボヘボのこいだった でもキラキラのこいだった
最高さいこうこいではないけど生涯しょうがいわすれられないこいだった

そんなこんなであれよあれよとゆうかれ彼氏かれしべるひと
でも全然ぜんぜん実感じっかんかなくってまるで自分じぶんことじゃないみたい

恋人こいびと同士どうしだってゆうのにろくにれなくていつもあたふた
どうしていいかわからなくなり空回からまわあせりまくり テンパリまくり

そのくせいえかえると一人ひとり部屋べやでベットに寝転ねころ
そのあったこと反復はんぷくしたりニヤついたり結局けっきょく反省はんせいしまくり

かれ言葉ことば隅々すみずみおぼえてて 口調くちょうマネして何度なんど復唱ふくしょう
あれはどんな意味いみ?これはどんな意味いみ?360グルっと検証けんしょう

いまさっきとどいたあなたからのメールはたった一行いちぎょう
「ごめん。友達ともだちもどったほうが…」

とめどなくあふれるなみだ画面がめんがぼやけて上手うまてないけど
このこいへの最後さいご頑張がんばりで気持きもちとは正反対せいはんたいの (^_^)vけて

「うん。そうだね。いままでありがとう。
とてもたのしかったよ。また明日あす学校がっこうでね」
って理由りゆうかずに送信そうしんしたんだ

本当ほんとうわたし三分さんぶんいちせられないままこのこい
はかなってせつなくってなみだともおもわった

せいいっぱいのこいだった 一生懸命いっしょうけんめいこいだった
ヘボヘボのこいだった でもキラキラのこいだった
最後さいごこいとはおもわないけど生涯しょうがいわすれられないこいだった

いつもいつもあなたがきだった