「ダビングシーン」の歌詞 indigo la End

2014/4/2 リリース
作詞
川谷絵音
作曲
川谷絵音
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくらはんでたあめって
いきをするのもわすれていた
ちょっとだけかなしくなったんだ

ねえそんな荷物にもつ
ってどうしたの?
たずねるきみ声少こえすこかすれていた
なんだっていいだろ
とはこえせずに
下手へたくそな不機嫌演技ふきげんえんぎ
披露ひろうしたんだっけ

またこのシーンが(またこのシーンが)
再生さいせいされた(再生さいせいされた)
またみみふさいだ(またみみふさいだ)
きみはいい加減呆かげんあきれてる
もう何回目なんかいめ?(もう何回目なんかいめ?)
見続みつづけるつもりなんだ
わかってるけど
わかってるけど

ぼくらはんでたあめって
いきをするのもわすれていた
てた自転車じてんしゃにまたってはしした
もう何度なんど言葉ことばきみかおかんだからさ
そっと帽子ぼうしふかかぶった

さっきからおもしていた
暗闇くらやみにいる時計とけいじかけのぼく
きゅう秒針びょうしんはずれそうなくらい
まわはじめていたんだ
どうすんの?ってわれてる
わかってるよ

ある交差点こうさてん
ボトルをけてちゅうげた
あかそらじるかがや
ぼくわらいながら秒針びょうしんちからづくでめたんだ
ダビングはわりさ
ねぇ

ぼくらはんでたあめって
いきをするのもわすれていた
てた自転車じてんしゃにまたってはしした
もう何度なんど言葉ことばきみかおかんだからさ
そっと帽子ぼうしふかかぶった