「掌中の珠」の歌詞 kain

2015/4/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ここからさきすすため
大事だいじひと邪魔じゃまになったとして
ぼくはきっとあゆみをめるだろう
臆病おくびょうわらうならそれもいいさ

かなしいうたばかりつづぼく
すこしずつえていく
本当ほんとうにかけがえのいものに気付きづけない
ちいさな人間にんげんだけど

きみじゃないだれかをきずつけても
ただ一人ひとりなみだなくてむのなら
ただほんのすこうしろめたくかんじたりするけれど
曖昧あいまい不確ふたしかなものでもない
まえのちゃんとかたちとして存在そんざいするもの
これ以上いじょうでも以下いかでもないんだ

ひとつひとつそだてた欠片かけら
どれかひと間違まちがっていたとして
それはそれでぼくしあわせだとうんだ
何度なんどうんだ うんだ

きみじゃないだれかをきずつけても
ただ一人ひとりなみだなくてむのなら
ただほんのすこうしろめたくかんじたりするけれど
曖昧あいまい不確ふたしかなものでもない
まえのちゃんとかたちとして存在そんざいするもの
これ以上いじょうでも以下いかでもないんだ

たしかにここにあるんだ