「クライベイビー」の歌詞 kannivalism

2007/5/9 リリース
作詞
兒玉怜
作曲
濱田圭
文字サイズ
よみがな
hidden
いて あめも このこえ
いて れのも このうた

何年経なんねんたっても
オトナんなってしまっても

ぼく孤独こどくきらうよ むかしからね...
どんなふうぼくえているのかな?
弱音よわねいて 外眺そとながめている
クライベイビー

嗚呼ああ 季節きせつながれて
ロマンチックにうたころ
どんなふう明日あす事見ことみえてるのかな?

しゃべるよりも
手紙てがみつたえるよりも
ぼくうたつたえたい

このつかんでいたい
キミたちまえで「うたっていたい」
とどかない ずっとかわらない ガキの頃あのころのままだね
何年なんねんまえ夢語ゆめかたった
自由じゆう言葉ことばで「うたっていたい」
それがぼく人生じんせいすべてなんだ

さぁ ぼくらはうたう カンカンりの そらした馬鹿ばかになれわらいあえや
だれだって 駄々だだこねてたいよ 子供こどもみたいに クライベイビー
わらいあえや

さぁ かぜって 感嘆かんたんせい馬鹿ばかみたいに 世界せかい
わらいあえや

だれだって こころうかれてるよ 子供こどもみたいに

クライベイビー

ぼくらはいま夢語ゆめかたって
でっかい世界せかいで「うたっていたい」
かずに ずっとまえをみてゆこう このさき舞台ステージ
何年先なんねんさきみんなたい
きな言葉ことばを「うたっていたい」
これがぼく人生じんせいすべてなんだ

このつかんでいたい
キミたちまえで「うたっていたい」
とどかない ずっとかわらない ガキの頃あのころのままだね
何年先なんねんさきみんなたい
きな 言葉ことばを「うたっていたい」
それがぼく人生じんせいすべてなんだ