「タイムマシンと入道雲」の歌詞 kemu,GUMI

2013/3/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
タイムマシン 十九歳じゅうくなつ
あの きみえなかったマボロシは
なん事無ことない もしものはなし

心残こころのこりと えばたぶんきっと
もどれるのならちょっと こそばゆい青春せいしゅん

きながいたのもたりまえなら
きってえなかったのも ねえ そんなもの?

タイムマシン 十九歳じゅうくなつ
あの きみえなかったマボロシに
いまさら 本気ほんきこいをして

タイムマシン よるえて
ヒロインになれなかったわたしをさ
ゆめでいいから そのにさせて

なん冗談じょうだん
かなえられたようで
もどったんだ れい十九歳じゅうくなつにさ

記憶きおく存外ぞんがい
色褪いろあせないもので
きみ想像そうぞう
さして大差たいさない身長しんちょう

覚悟かくご出来できてるし
ねがったりなチャンス
なのにやっぱり
おんなじ台詞せりふ なぞるんだ

タイムマシン 十九歳じゅうくなつ
あの きみえなかったマボロシは
いまでも どうせえないんだ

タイムマシン よるえて
おとぎばなしみたいに きれいな
ゆめがいいやと 今更思いまさらおもったんだ

らない だれかにこいをして
ねえどうか しあわせに お元気げんき

タイムマシン 十九歳じゅうくなつ
入道雲にゅうどうぐもまってく
本当ほんとう素敵すてきこいでした

タイムマシン 十九歳じゅうくなつ
あの きみえなかったマボロシは
蜃気楼しんきろう さよならなつ

タイムマシン よるえて
別々べつべつこいえらんだきみ
どんな素敵すてき大人おとなになったの?