「何でもない朝に」の歌詞 kemu,GUMI

2013/3/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
不思議ふしぎおさなころには
どんな悲劇ひげきすくわれるがして
あいつがんだあさには
映画えいがみたいにけやしなくて

らない
ゆめめて
将来しょうらいとか世間体せけんていとか
いたら
大人おとなになって
奇跡きせきひとつもらないまま

なんにもない なんにもない
ねむあさだって
だれかのはかな未来みらい
だいにして欠伸あくびして

なんでもない なんでもない
幸福こうふくなんかが
悲劇ひげき終着点しゅうちゃくてんだと
ねえいまぼく
よしもないよ

名前なまえらない犠牲者ぎせいしゃ
こんなよる奇跡きせきおもうでしょう
明日あしたなきゃいいとか
そこそこにぼくおもうけど

いつからか
都会とかいれて
なつかしいにおいもってさ
迷惑めいわく心配しんぱいばかりで
ごめんのひとつもえないまま

なんにもない なんにもない
ねむあさだって
だれかのゆめつづきで
ハッピーエンドかもしれないから

なんでもない なんでもない
幸福こうふくなんかが
どれほどまぶしいものか
ねえいまぼく
ねえしあわせでしょうか

もうだれらない
おとぎばなし