「ひまわりの約束」の歌詞 kevin

2015/3/18 リリース
作詞
秦基博
作曲
秦基博
文字サイズ
よみがな
hidden
どうしてきみくの まだぼくいていないのに
自分じぶんより かなしむから つらいのがどっちか
わからなくなるよ

ガラクタだったはずの今日きょうが ふたりなら
宝物たからものになる

そばにいたいよ きみのために出来できることが
ぼくにあるかな
いつもきみに ずっときみわらっていてほしくて
ひまわりのような まっすぐなそのやさしさを
ぬくもりを 全部ぜんぶ
これからはぼくとどけていきたい
ここにあるしあわせに づいたから

とおくで ともる未来みらい もしも ぼくらがはなれても
それぞれあるいていく そのさき
また 出会であえるとしんじて

ちぐはぐだったはずの歩幅ほはば ひとつのように
いま かさなる

そばにいること なにげないこの瞬間しゅんかん
わすれはしないよ
旅立たびだちの とき 笑顔えがおでいられるように
ひまわりのような まっすぐなそのやさしさを
ぬくもりを 全部ぜんぶ
かえしたいけれど きみのことだから
もう充分じゅうぶんだよって きっとうかな

そばにいたいよ きみのために出来できることが
ぼくにあるかな
いつもきみに ずっときみわらっていてほしくて
ひまわりのような まっすぐなそのやさしさを
ぬくもりを 全部ぜんぶ

これからはぼくとどけていきたい
本当ほんとうしあわせの意味いみつけたから