「証」の歌詞 lecca

2010/7/28 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
つよかぜがほほにあててったのはなつにお
それにのせてかすかにむねよぎったのはあののこと
あんなにはしゃぎすぎて ひとえないバカもしたよね
いまじゃあんなふうにごすこともない

しかられるからって つよわって
いつもわらってみせたけど
あたまじゃわかっていても「まだ」って
さけびたくって そらにらんで

いつもはしつづけてた 一人ひとりじゃけないそのさきけたのは
そばにおな景色けしきてるきみがいたから
とめどなくながれてった ときめてしまいたいとおもうくらいに
一緒いっしょきる時間じかんあいしてた

ながごしてきみがまるでからだ一部いちぶみたいになって
とき自分じぶんにするみたいにぞんざいにする
わかれがるとわかっていたらもっときっとなにかできたのに
そんなぼくにもきみわらいかけてくれた

しかられるからって つよわって
いつもわらってみせたけど
あたまじゃわかっていても「まだ」って
さけびたくって そらにらんで

いつもはしつづけてた 一人ひとりじゃけないそのさきけたのは
そばにおな景色けしきてるきみがいたから
とめどなくながれてった ときめてしまいたいとおもうくらいに
一緒いっしょきる時間じかんあいしてた

からだ一部いちぶうしなってみたら ひどく毎日空虚まいにちくうしょになるかな
っておもっていたらそればかりでもなく
かえってあのよりおだやかになってく
きみのこしてくれたものの
なかなによりもちからになるのは
うごきなさいな、ってげてるよな
日様ひさまみたいなわらがお

いつもはしつづけてた 一人ひとりじゃけないそのさきけたのは
そばにおな景色けしきてるきみがいたから
とめどなくながれてった ときめてしまいたいとおもうくらいに
一緒いっしょきる時間じかんあいしてた

そばにいて きしめて
ごしたれわたるあの午後ごご
つよひかり二人空ふたりそらきつけて
のこるのはとおそら
かぶ笑顔えがおきみへのおも
どのかおわらってる それが二人ふたりでいたあかし