「君ノ記憶」の歌詞 薄桜鬼 ED mao

2010/4/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ちる はなびら ほほつたしずく
あの日2人ひふたり見上みあげてた 景色けしきいまただ1人ひとり

おもすのがこわくて
ひとみ こころざして
何度なんどそうとしたの そのたびに あなたあふれた

ずっとまもりたいとねがった たとえきずついても
だれよりもちかくで つめていた
きしめた ぬくもりは まだこのなか
わすれない
いくつの季節きせつかさねても あなたおもってる

はじめてった瞬間とき いまおぼえてるの
月灯つきあかりにらめいてた かなしげなその横顔よこがお

せつなさをかかえたまま
ひとみ こころらして
おおきな背中抱せなかだきしめ つぶやいた わたしがいるよ

そっとつつんだ両手りょうては あなたのためにある
なんにもわないで ただこうして
すべてをくしたって 後悔こうかいなどしない
本気ほんきおもってた
あんなにもだれかを 2度にどあいせない

ずっとはなれないとちかって
かみでてくれた なのになぜ? となりに あなたはいない
きしめた ぬくもりは まだこのなか
わすれない
いくつの季節きせつかさねても あなたおもってる